鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0800-805-7790
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

鍵業者を取り巻く法整備 その2

【業者も注目!防犯性能の高い建物部品目録とは? 】

空き巣などの侵入犯罪に関する対策として警察庁、国土交通省、経済産業省、建物の部品に関係する民間の団体や業者が協力して「防犯性能の高い建物部品の開発・普及にかんする官民合同会議」を、平成14年11月25日に開きました。
この会議では、空き巣などの侵入犯罪の手口を調査し、そこから考えられる、進入されにくい建物の部品の基準を定めていきました。平成15年の10月になると、建物部品の防犯性能試験の実施を始め、平成16年の3月には、「防犯性能の高い建物部品目録」をまとめました。
当時の目録は15種類、計約2300品目品目でしたが、平成24年6月末では、17種類3170品目まで増加しました。

【実際にはどんなもの?】

この目録を作成する際に、基準とされた考えとして「騒音の発生を可能な限り避ける攻撃方法に対しては、5分以上耐えること」「音の発生を許容する攻撃方法に対しては、騒音を伴う攻撃回数7回(総攻撃時間1分以内)を超えること」の2点が定められました。
この基準を合格した部品が目録に載っています。ドア関係、窓関係、シャッター関係の3つの項目に分けられており、鍵だけではなく、様々な部品の防犯性能の高さを示しています。業者はこのような目録に載っているものをしっかりと頭に入れて仕事をしています。実際に、業者は防犯性の高い部品を使う際、この目録を参考にしているのです。どういった部品が防犯性能が高いとされているのか、業者ならではの知識として把握しています!

【鍵業者でも大変な開錠】

このように、防犯性を高める働きかけは、業者にとって仕事が大変になる原因にもなりました。防犯性の高い鍵が多く使用されるようになると、家の防犯性は格段に上がり、侵入犯罪は非常に困難になることが考えられます。
それと同時に、鍵業者が開錠をするのにも影響がでてきているのです。鍵の防犯性が高くなり、鍵業者でさえ開錠が難しくなっているのです。鍵業者にとっても扱うのが難しい、そんな鍵が壊れてしまった時や鍵をなくしてしまった時など、業者に相談せずにご自身で何とかしようとするのはなかなか大変です。防犯性が非常に高くなっているので、鍵業者の知識や技術なしで修理しようとしたりこじ開けようとすることは難しいことがわかります。業者に頼まず何とかしようとして、さらに事態を悪くしてしまう可能性もあります。そうなってしまうと、鍵業者でも修理が難しくなる可能性が高いです。その前に、鍵業者に相談することをおすすめします。

カギ屋/カギ業者をお探しなら!【日本全国24時間対応】

スタッフ待機中!