鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0800-805-7790
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

泥棒の侵入手口

【ガラス割り・無締まり】

泥棒にも種類があります。まずよく知られるのが空き巣です。空き巣は留守の家に侵入します。反対に在宅時に侵入する泥棒もいます。これを居空きと呼びます。さらに就寝時に侵入する泥棒を、忍び込みといいます。これら泥棒の中でもっとも多いのはガラスを割って侵入してくる、ガラス割りです。手が通る程の大きさの穴が開くようにガラスを割り、そこから腕を通して内側からサムターンを回し、鍵を開錠する手口です。このように、サムターンを回して鍵を開錠することをサムターン回しといいます。次に侵入の手口として多いのが、なんと無締まりです。近くのコンビニまでちょっとだから、ゴミ出しする間だけだから・・・といったちょっとの油断が、泥棒の侵入を許してしまうことになります。

【ピッキング】

針金などの工具を、シリンダー(鍵穴)の中に入れて開錠をする手口です。早いものですと、10分から20分で楽々と開錠されてしまいます。大きな物音をたてることもなく、家の中にいても気づかず、いつのまにか侵入されていた。というケースも多々あります。

【錠破り・置き鍵】

バールを玄関のドアの隙間に挟み、こじ開けるといった手口です。大胆ですが、力さえあれば誰にでも出来てしまう侵入方法でしょう。 また、置き鍵を探し出して侵入するという手口もあります。置き鍵とは、合鍵を、郵便ポストや庭の植木鉢の下などの家の周辺に置いておくことです。泥棒は予め置き鍵がどこにあるのか場所に予測をたてて鍵をさがしあてます。小さなお子さんがいるご家庭ですと、置き鍵をしている可能性が高くなります。

カギ屋/カギ業者をお探しなら!【日本全国24時間対応】

スタッフ待機中!