鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!|ドアスコープという抜け穴

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-731
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

最新情報・レポート

鍵のトラブル8400円~最適な鍵屋が見つかる|カギ屋カギ業者ナビのコラム記事ページです

ドアスコープという抜け穴

空き巣が鍵を破る手口は、鍵穴自体に細工をするピッキングの他に、ドアを物理的に破壊するといった強引なやり方もあると言われています。そのため、施錠とは別の防犯対策が必要になってきます。
多くのお家の玄関ドアは、金属製の頑丈で重たいものが使われているかと思います。耐久性の高いドアは、それだけ破壊に時間がかかるため防犯上においても心強いものですが、ドアスコープなど構造的に弱い部分はどうしても生まれてしまうようです。
モニター付きインターホンが普及しつつある現代においては、減りつつあるといわれていますが、まだ玄関にドアスコープがあるお家も多いのではないでしょうか。ドアスコープの主な素材は、レンズに使われるガラスやアクリル樹脂で、どちらもドア本体よりも相対的に強度は下がるでしょう。 ドアスコープを破壊し、取り除いた穴に特殊な器具を挿入して、内側から鍵をひねる「サムターン回し」という手法で鍵開けを行う空き巣もいるといわれています。また、「リバーススコープ」と呼ばれる器具を使って、ドアスコープから家の中を覗いて家主の不在を確認する空き巣もいるようです。
防犯を徹底するうえで鍵交換や強化はもちろん重要だと思いますが、意外と見落としがちなドアスコープなどの対策も実施することをオススメします。そんなときは鍵開けのプロに相談するのがいいでしょう。