鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!|ピッキングに関する法律

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-731
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

最新情報・レポート

鍵のトラブル8400円~最適な鍵屋が見つかる|カギ屋カギ業者ナビのコラム記事ページです

ピッキングに関する法律

錠を開けるためには、鍵を回すのが通常の方法ですが、それ以外の方法で開けることもできます。それがピッキングと呼ばれる行為で、これは鍵屋にとっての基本的な技術の一つとなっています。しかし空き巣などの中には、道具や知識を駆使してピッキングを行うケースもあります。この手口が高いレベルで推移していたため、日本では2003年に「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」を制定しました。これは通称「ピッキング防止法」と呼ばれるもので、高度な手口による不正開錠の防止を目的にしています。この法律では、正当な理由を持たない「特殊開錠用具」と「指定侵入工具」の所持を禁止しており、違反すれば50万円以下の罰金、もしくは1年以下の懲役を科せられます。
それでは、この二つの道具にはどのようなものがあるのでしょうか。簡単にご紹介いたします。

・特殊開錠用具
「ピッキング用具・破壊用シリンダー回し・ホールソーのシリンダー用の軸・サムターン回し」の4つが対象となっています。これら以外でも、法律によって定められている機能を満たしているものの所持は禁止されます。

・指定侵入工具
「ドライバー・バール・ドリル」などの工具で、錠の破壊や窓を破るために用いられる危険性の高いものが禁止されています。工具のサイズも要件に含まれており、その要件を満たしている工具は持ち歩かないようにしなければいけません。

かつてはこのようなピッキング道具を購入する事も簡単でしたが、現在は法律の効果もあって難しくなっています。しかしそれでも、中には所持をしている人物がいるかもしれません。被害に遭わないためにも、防犯性の高い鍵への鍵交換をおすすめいたします。