鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!|小さなお子さんに鍵を持たせる時の注意点

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-731
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

最新情報・レポート

鍵のトラブル8400円~最適な鍵屋が見つかる|カギ屋カギ業者ナビのコラム記事ページです

小さなお子さんに鍵を持たせる時の注意点

最近では共働きのご家庭が増えてきた影響で、小さなお子さんに自宅の鍵を持たせている方が増えてきました。しかし、小さなお子さんが万が一鍵を紛失してしまうと、空き巣などの防犯面の心配も出てきてしまい、鍵を交換しなければならないという場合もあります。小さなお子さんに自宅の鍵を持たせる時にどのような点に注意しておくとよいのでしょうか。
最も大切なことは無くさないための工夫をすることです。鍵を無くさないために鍵に紐をつけて首からぶら下げているという方もいらっしゃると思いますが、これは“一人で留守番をしている”という目印になってしまいます。また、遊んでいる間に紐が遊具に引っかかってしまったり、転んだ時に身体に鍵が刺さってしまう危険もあります。このような面から鍵を首からぶら下げる方法はおすすめできません。無くさないようにするためには鍵にキーホルダーやキーチェーンを利用して服につないでポケットにしまっておくことをおすすめします。
また、鍵が紛失した時のために住所が書かれたものを一緒に入れておくという対策を取っている場合も危険です。住所と鍵があれば家の中に入れてしまいます。鍵を拾った方が良心的な方であれば問題ありませんが、そうでない事を考えるととても怖いですよね。
万が一、お子さんが鍵をなくしてしまった時のことを想定しておき、ご近所の方に一時的に待たせてもらい保護者に連絡をしてもらうなど対策をしておきましょう。鍵が紛失してしまった時は業者を利用し鍵交換をして防犯をしっかりしましょう。