鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!|スマートキーの故障?正常に作動しない原因とは

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-731
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

最新情報・レポート

鍵のトラブル8400円~最適な鍵屋が見つかる|カギ屋カギ業者ナビのコラム記事ページです

スマートキーの故障?正常に作動しない原因とは

スマートキーの故障?正常に作動しない原因とは

 

スマートキーを使用することでドアの開錠と施錠がとても楽になりました。カバンからキーを取り出す必要がなく、鍵穴に差し込む必要もありません。しかしスマートキーが突然作動しなくなれば焦りが生じてしまうでしょう。スマートキーの動作が正常に行われない原因は故障だけではありません。


今回はスマートキーの仕組みや、作動しなくなる原因をご紹介します。原因を知っておくことで解決できる問題もいくつかあります。未然にトラブルを防ぐためにも把握しておくと良いです。仕組みや故障原因などを知っておくことで、スマートキーをより安心して使用することができるでしょう。



スマートキーの仕組み

スマートキーにはキーと自動車の両方に電波をやり取りする送受信機が備わっています。電波内には高度に暗号化された固有情報が含まれており、特定の自動車とのみ一致するようにできています。違う車のスマートキーでドアが施錠されることや、エンジンが掛かるといったことはありません。


キーの持ち主と自動車が近付くことで微弱な電波が発信され、スマートキーが応答用の電波を自動で発信します。その電波をセンサーが受信することでドアが開錠・施錠されるといった仕組みです。


スマートキーの故障?作動しない原因とは

スマートキーの故障?作動しない原因とは

 

1.電池が切れている

スマートキーは電波を飛ばし、自動車に搭載されているコンピューターと認証を行うという仕組みです。リモコンキーの場合はボタンを押すことで電波を飛ばしますが、スマートキーはボタン操作が必要ありません。リモコンキーはボタンを押したタイミングのみ電波を発信するため電池の消耗は比較的少なく済みます。しかし、スマートキーは常に受信動作をしているため電池の消耗が早くなります。


リモコンキーの寿命は約3年と言われていますが、スマートキーは1年前後です。電池が減っていくとキーの交信が弱くなるため、スマートキーの使用範囲が狭くなります。車種によっては電池が無くなることでキー操作ができなくなることもあるため注意が必要です。


2.半ドアになっている

半ドアが原因で施錠できないというケースが多くあります。スマートキーが正常に動作しなくなったら運転席や助手席、バックドアがしっかり閉まっているか確認しましょう。半ドアになっていると施錠ができず、警告音が鳴る車種もあります。閉まっているように見えても半ドアであったということがよくあるため気を付けましょう。


3.バッテリーがあがっている

メカニカルキーで開錠できたにも関わらず、エンジンのセルをキーで回してもエンジンがかからない場合があります。そういった際はバッテリーがあがっている可能性が高いです。ヘッドライトの消し忘れなどが原因のことが多いため注意しましょう。バッテリーがあがってしまった場合は救援車を呼び充電しなければいけません。


4.スマートフォンによる電波障害<

電池を新品に取り替えたにも関わらず正常に作動しない場合は、スマートフォンの電波が原因の可能性があります。スマートファンから発信される電波は強いため、スマートキーの電波受信の妨げになってしまうのです。カバンやポケットの中に一緒に入れている場合は電波障害の可能性が高いため、1m以上離して使用してみると良いでしょう。


スマートキーを安心して使うためには

スマートキーを安心して使用するためには、こまめな電池交換が必要です。急なトラブルに備えるためにも自分のスマートキーの電池を確認しておくとよいでしょう。メーカーによって電池の種類は異なります。種類によっては店頭で購入できない可能性があるため注意が必要です。


電池を長持ちさせるためにはスマートキーの置き場所にも気を付けなければいけません。スマートフォンや充電器、電磁調理器、テレビ、パソコンなどの近くに置いておくと、スマートキーが誤作動を起こしてしまい、勝手に電波の送受信を行う状態になる可能性があります。この状態が続いてしまうと電池が消耗され、数か月で使用できなくなることがあるため注意しましょう。


電池の残量はキーの反応から見極めることができます。電池が減っている状態だと、ボタンを押した際の反応が鈍くなります。反応が悪くなってきたと感じた場合は電池の交換をすると良いでしょう。突然電池がなくなっても対応できるよう、自動車の中に予備の電池を入れておくとより安心することができるでしょう。


リレーアタックにも注意しよう

リレーアタックにも注意しよう

 

リレーアタックとは、スマートキーを持つ人が自分の自動車から離れる際にキーの1m以内に接近し、発信されている微弱な電波を中継機でキャッチする盗難法です。キャッチした電波を増幅することで、自動車側にある受信機にスマートキーと同じ波数の電波を送ることができます。そうなってしまうとドアロックが開錠され、エンジンを掛けることも可能です。


リレーアタックの対策方法として効果的なのはスマートキーの電波を遮断することです。スマートキーを缶やスチールケースに入れることで電波の中継を防ぐことができます。 しかし、この方法を使用する場合はスマートキーを毎回取り出さなくてはいけないというデメリットがあるため、少々手間がかかってしまいます。


周囲の確認も重要です。自分が自動車を降りたときに近づいてくる不審者や、後を付けてくる人物がいたら警戒しなければいけません。怪しい人物がいた場合は一度車を確認しに戻ると良いでしょう。


まとめ

スマートキーが正常に作動されない原因は故障だけではありません。電池切れやスマートフォンによる影響もあります。これらの問題は自分で解決することが可能です。原因をいくつか知っておくことで、問題が発生した場合でも早急に対処することができるでしょう。


スマートキーの防犯性は高いですが、最近ではリレーアタックと呼ばれる盗難法も出てきました。防犯対策として電波の遮断や、周囲の確認を日頃こら意識しておくと良いでしょう。スマートキーの故障原因や防犯対策を知っておくことで、安心して使用することが可能です。