鍵業者をお探しなら【カギ屋/カギ業者navi】にお任せ下さい!|サムターン回しからドアを守る対策方法!賃貸でもできる方法まで解説

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-731
  • 選ばれる理由
  • カギ屋/カギ業者naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • よくある質問
  • お客様の声

最新情報・レポート

鍵のトラブル8000円~最適な鍵屋が見つかる|カギ屋カギ業者ナビのコラム記事ページです

サムターン回しからドアを守る対策方法!賃貸でもできる方法まで解説


サムターン回しからドアを守る対策方法!賃貸でもできる方法まで解説

自宅の玄関の鍵について、「犯罪対策なんて何もしてない!」という方は、ぜひ鍵の交換をおこなうことをオススメします。日進月歩の発展を遂げている鍵の中には、高い防犯性能をもつタイプも多いからです。交換するだけで、家族を、家財を守ることにつながります。

犯罪者が家に侵入する方法には、『サムターン回し』や『ピッキング』などがあり、それぞれの効果的な対策法は異なるものです。どちらか一方の対策だけをするのではなく、総合的な犯罪対策をおこなうべきですが、いっぺんにおこなおうとすると何もかもが中途半端になってしまうおそれもあります。ひとつずつ、確実に対策していくとよいでしょう。

この記事では、『サムターン回し』という侵入方法を防ぐためのコツについて、ご紹介いたします。鍵交換の費用相場や、賃貸物件の場合の対策法なども解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。鍵は自宅の防犯の要といえるものです。自分で交換や対策が難しい場合は、鍵交換をおこなっている業者に相談することをオススメします。

玄関に穴?サムターン回しから鍵・ロックを守る方法

サムターン回しとは、玄関ドアに工具で穴を開けて、そこに硬い棒を挿入して内側のつまみを回転させる侵入方法です。郵便受けを利用されたり、ドア近くの窓を割られたりして、実行されることもあります。ちなみに、つまみのことをサムターンといい、それを回転させて解錠する方法のため、サムターン回しと呼ばれるようです。

そんなサムターン回しから鍵を守る対策をおこなっておかないと、いつ空き巣や強盗の被害に遭うかわかりません。ここでは、サムターン回しを防ぐための効果的な方法をご紹介いたします。犯罪に巻き込まれるリスクを少しでも軽減するため、早いうちにやっておくとよいでしょう。

○補助錠ではカバーしきれないの?

補助錠の中でも、種類によってサムターン回し対策になるものと、そうでないものがあります。もし自宅の玄関に使われているものが、『ドアガード』や『ドアチェーン』のような、鍵穴に鍵を挿入して開閉するタイプでない補助錠の場合は、安心できないといえます。

なぜなら、ドアガードもドアチェーンも、外側から簡単に開けられるからです。詳しい方法を書くことはできませんが、隙間さえつくることができればドアガードもドアチェーンも外されてしまうおそれがあります。

補助錠で効果があるものは、鍵穴に鍵を挿入して開閉するタイプのものと考えましょう。つまり、単純に鍵がひとつではなく、ふたつみっつある状態がよいということです。犯罪者は侵入に5分以上かかると諦めることが多いといわれています。鍵が増えれば、それだけ解錠作業に時間がかかることになるため、防犯対策となるのです。

○サムターン回しを防ぐアイテムと取り付け方

鍵を増やすという意味の補助錠取り付けをおこなうと、補助錠本体の費用や施工費用を負担しなければなりません。そのため、「防犯対策はもちろんしたいけど、金銭的にちょっと苦しい……」などの理由から、取り組めない方もいらっしゃることでしょう。

しかし、防犯を諦める必要はありません。費用面で補助錠を取り付けられない方には、今の鍵にサムターン回し防止アイテムを取り付ける方法をオススメします。

防止アイテムは種類が豊富です。ものによって少しずつ特徴が異なります。しかし、共通していることもあります。それは『サムターンを包むことで、棒などを挿入されても回せなくするもの』という点です。つまり防止アイテムとは、物理的に、サムターンを回させなくするものということになります。

防止アイテムの特徴について、ひとつひとつ挙げていくことは、とてもこの記事内でおこなえることではありません。それだけ本当に種類が豊富なのです。そのため、ホームセンターやネット通販で商品説明を精読しながら、自分が使いやすいものを選びましょう。

○今の鍵を『インナー鍵』に変更する

サムターン回しは、普段、サムターンがない状態にしておけば阻止することができます。しかし、一戸建てであれマンションであれ、サムターンのある玄関ドアが一般的です。「サムターンがないドアなんて見たことがない!」という方も多いかと思います。

想像することが難しいかもしれませんが、サムターンがない状態を意図的につくることは可能です。そのためには、『インナー鍵』と呼ばれるものを使います。

インナー鍵とは、鍵穴があるシリンダーと、着脱可能なブレード付きサムターンで構成されているものです。インナー鍵に交換することで、玄関ドアの内側も、外側と同じくブレードを挿入しなければ開閉できない状態になります。

インナー鍵を開閉する際は、ブレード付きのサムターンを被せます。被せることで、付属のブレードが鍵穴に挿入されるのです。その状態でサムターンを回せば、開閉することができます。つまり、インナー錠を開閉するためには、室内にいるにも関わらず、外で鍵を開閉するときと同じ手順が必要になるということです。

このインナー錠にしておけば、普段、室内にいるときにはブレード付きサムターンを外しておくことによって、サムターンがない状態をつくることができます。ドアに穴を開けたり郵便受けを壊したりしてつくった穴に棒を通したところで、目当てのサムターンが存在しないため、サムターン回しを阻止できるのです。

○サムターン回しを防止できる鍵へ変更する

サムターンを外部から回せなくする方法は、まだあります。鍵の中には『サムターンの上下にあるボタンを押した状態でなければ回すことができない』タイプがあるのです。既存の鍵をこうしたものに交換し、さらに効果のある補助錠も取り付ければ、サムターン回し対策としては万全といえるでしょう。

鍵そのものに関することではありませんが、玄関ドアを頑丈なものに交換したり、ドアスコープを破られないようにガムテープでふさいだりすることも、サムターン回し対策には有効です。郵便受けに被せものをして、棒を挿入されてもサムターンまで到達できないようにすることもよいでしょう。

空き巣防止!鍵の交換にかかる費用相場と業者の探し方

空き巣防止!鍵の交換にかかる費用相場と業者の探し方

鍵の交換を自力でおこなえないかと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、オススメはできません。玄関ドアの鍵は防犯の要です。新しい鍵を適切に取り付けることができなければ、犯罪の被害に遭うリスクを高めることになります。

鍵の交換はなるべく業者に依頼しましょう。ここでは、鍵の交換を業者に依頼した場合の費用相場や、鍵交換を依頼できる場所や選ぶポイントなどをご紹介いたします。参考にしてください。

○鍵の交換工事にかかる費用相場

鍵の交換費用は、本体代と施工代を合算したものになります。以下は、『鍵をもうひとつ増やすという意味での補助錠の設置費用』『サムターン回し対策アイテムの費用』『サムターン回し防止機能付きの鍵への交換費用』の相場です。

  • ・補助錠の設置費用の相場:およそ15,000円から50,000円
  • ・サムターン回し対策アイテムの相場:およそ500円から5,000円
  • ・サムターン回し防止機能付きの鍵への交換の相場:およそ5,000円から15,000円

費用の下限と上限に差がある理由は、それだけ鍵の種類と鍵業者が多いからです。交換する鍵によって費用は安くも高くもなりますし、施工業者が異なれば同じ鍵であっても費用に差がでます。

そのため、すぐにでも鍵交換をおこないたいのでなければ、複数の業者から見積りを取って、料金を比較したうえで納得できるところに依頼しましょう。

○鍵の交換を依頼できる場所と選ぶポイント

鍵の交換は『鍵業者』や『ホームセンター』などに依頼することができます。鍵の専門というわけでない、何でも屋さんのような業者でも引き受けていることもあります。地域によっては、業者の数が膨大なものになることもあるため、信頼できる業者を選ぶことは簡単ではありません。そのため、選ぶ際のポイントを、以下にまとめてみました。

  • ・見積りや現地調査が無料である
  • ・質問に対して事細かに教えてくれる
  • ・24時間対応してくれる
  • ・豊富な実績がある

見積りや現地調査が無料でないと、料金に納得して依頼するために見積りを依頼しているのに、結局お金がかかってしまって本末転倒になるおそれがあります。見積りが無料の業者であれば、相見積りの依頼もやりやすいです。

施工内容や鍵の機能について、質問があれば尋ねるようにしましょう。疑問が残った状態での依頼は後々後悔するおそれもあります。また、尋ねることで業者の人間性を見ることもできるでしょう。わかりやすい言葉で丁寧に、たとえ似た質問をしてしまっても何度だって教えてくれる業者は、人として信頼できるといえます。

交換を含め、鍵にまつわることは緊急性をともなう場合も多いです。交換したいと思い立ったときが、たとえ早朝や夜中であっても対応してくれる業者なら安心できます。

最後に、豊富な実績の有無についてですが、これはどういった業者を選ぶ際にも大切なことです。なぜなら、豊富な実績があるということは、それだけ多くの人に利用されているということになるため、信頼できる業者といえます。

上記のポイントの多くは、公式サイトを運営している業者であれば、そこに記載してある場合がほとんどです。気になる業者があれば、ぜひ公式サイトを閲覧してみましょう。

防犯したいけど賃貸の場合は?賃貸でもできる対策方法

防犯したいけど賃貸の場合は?賃貸でもできる対策方法

賃貸物件に住んでいる方は、たとえ防犯対策をおこないたくても、自分の判断だけでおこなわないようにしてください。大家さんや管理会社の許可がいるからです。鍵の交換や補助錠の取り付けをおこないたい場合は、まず大家さんや管理会社に相談しましょう。ここでは、賃貸物件の場合の、玄関ドアの鍵の防犯について、ご紹介いたします。

○指定の鍵へ変更・鍵の種類が選べないことが多い

賃貸物件の場合、玄関ドアは物件の一部であるため、オーナーの所有物になります。人のものに無断で手を加えてはいけないという常識が、玄関ドアの鍵に関しても適用されるため注意しましょう。まずは、オーナーである大家さんや管理会社に相談です。

相談して、防犯対策をおこないたい理由を真摯に話せば、オーナー負担で防犯性の高い鍵に交換してもらえる可能性があります。ただし、あくまでも設置される鍵は、オーナーが選んだものになる場合が多いです。交換がおこなわれることになったとしても、自分の意見がすべてとおるわけではないということは、あらかじめ理解しておきましょう。

○賃貸でもできる!鍵の防犯性能を高める方法

サムターン回し対策アイテムを使うことをオススメします。ただし、玄関ドアにネジを打ち込む必要があったり、粘着性の高いシールで張り付けたりするタイプはやめておきましょう。ドアに穴を開けたり汚したりすると、退出時に戻ってくる敷金が減るおそれがあります。

また、ドアスコープをふさいだり、郵便受けを覆ったりする方法もよいでしょう。サムターンの周りを紙コップなどで囲むといった方法もあります。とにかく、外部から棒などを挿し込まれて、サムターンを回されないような工夫を、時間をかけて考えてみましょう。

さらに、かなり強引な方法ですし、鍵の防犯性は関係なくなってしまいますが、室内にいるときはドアの前に重たい荷物を置いておくというのも、多少の犯罪対策にはなります。サムターン回しをされたとしても、ドアが開かなければ問題がないからです。

内開きのドアの場合は、重たい荷物が障害となってドアを開けられず、犯罪者の侵入を防げるでしょう。外開きのドアであっても、開けてすぐに重たい障害物があれば、どかす作業に時間がかかるため、諦めて逃げていくことも考えられます。

賃貸物件にお住まいの人の中には、鍵を最新のものに交換するといった効果的な防犯対策が自己判断でおこないため、「犯罪は不安だけど、仕方ない……」という思いで毎日を過ごされている方もいらっしゃることでしょう。しかし、上記のように、多少力技なところもある強引な方法であっても、工夫次第では防犯対策になりえます。ぜひこれを機会に、自分でもやれる対策法はないか、考えてみるとよいでしょう。

まとめ

サムターン回しを防ぐためには、外部からの力でサムターンを回されないようにしなければなりません。そのためには、サムターンを包むアイテムを取り付けたり、サムターンがない状態をつくることが可能なインナー錠へ交換したりといった対策が必要です。

鍵を交換する場合は、鍵業者に依頼することをオススメします。なぜなら玄関ドアの鍵は防犯の要だからです。自分で取り付けてみて、設置に何か問題があれば、せっかく防犯性の高い鍵を使ったとしても、本来の効果が発揮されないおそれがあります。鍵の交換はプロに任せて、的確におこなってもらうとよいでしょう。

ただし、賃貸物件にお住まいの方は、勝手に鍵交換をおこなってはいけません。必ず大家さんや管理会社に相談しましょう。玄関ドアも物件の一部であり、オーナーの所有物だからです。許可もなく交換すると、トラブルに発展するおそれがあります。

鍵業者を探している方で、何か困っていることがあるという方は、ぜひ弊社にご相談ください。お話を聞かせていただいたあと、問題解決に最適な業者をご紹介いたします。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。